設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第1回:導入効果と意義

篠原 司=産能大学講師(2005年当時)
2012/10/19 00:00
印刷用ページ
本シリーズは,日経ものづくり2005年4月号の「なるほどthe メソッド 新しいTRIZ 第2回」を再編集したものです。(記事は同記事執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

 この手法は使えない--- 一時期,そうした誤解が広まりつつあったTRIZ。だが,韓国Samsungグループなどがその導入で効果を上げ,そうした誤解は払しょくされつつある。手法/ソフトの改良やTRIZ定着のためのノウハウの蓄積が進んできたこともあり,日本でもその導入に関心を寄せる企業が再び増加,一部の企業では大きな効果を上げるところも出始めている。

QFDや田口メソッドとつなげる

 TRIZを導入する場合,企業によって方法が異なる(表1)。多いのは,QFD(品質機能展開),田口メソッド,3次元CAD/CAMとセットでTRIZを導入する例である。三洋電機,日立製作所がその代表的な企業である。

表1●各社のTRIZ推進状況
推進母体が研究開発部門の場合と,知的財産部門の場合がある。推進母体が研究開発を革新する部門の場合は,QFD(品質機能展開)や田口メソッド,VE(価値工学)を補完する位置付けである。QFDや田口メソッド,VEはTRIZに先駆けて既に導入されていることが多い。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング