• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー中国製品への反ダンピング課税で、台湾の太陽電池メーカーが活況 > 第2回:「80%の太陽電池メーカーが撤退」と予測

中国製品への反ダンピング課税で、台湾の太陽電池メーカーが活況

第2回:「80%の太陽電池メーカーが撤退」と予測

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/19 00:00
  • 1/1ページ
台湾メーカーは、反ダンピング課税による特需に浮かれているわけではない。反ダンピング課税で一息ついても、世界全体で供給が過剰なことに変わりはないからだ。太陽電池メーカーが今の状況を乗り切るためには、抜本的な課題が解決されなければならないという問題意識がある。台湾Gintech Energy社 President & COOのWen-whe Pan氏は、「供給過剰で販売価格が生産コストを下回っている。これでは事業を続けることはできない。太陽電池メーカーがあまりにも多すぎるのが原因だ。将来的には80%のメーカーが撤退することになるだろう」と予想する。
【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ