エネルギー
 

中国製品への反ダンピング課税で、台湾の太陽電池メーカーが活況

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2012/10/17 00:00
出典:日経エネルギー、2012年夏号 、pp.48-52 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

2012年5月に、米国が中国製品に対する反ダンピング課税の仮決定を下した。 この米国と中国の争いで漁夫の利を得ているのが、台湾の太陽電池関連メーカーである。 反ダンピング課税を追い風とする台湾メーカー各社に、今後の戦略を聞いた。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング