設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

最終回:エレ/メカ連携(6)

前田 篤志=O2 リサーチ フェロー、Ph.D.
2013/01/21 00:00
出典:日経ものづくり、2011年5月号 、pp.104-106 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

鑑みることが方法論のコア

 Type-Bのプログラムでは、物理に軸足を置いて既存の枠組みにとらわれることなく発想する習慣を身に付けていく。そのために実施するのが、以下のようなゲームである。実例として、「機電一体」体制を推進する自動車用コイルばねメーカーの松尾製作所(本社愛知県大府市)では、こうしたゲームを取り入れることで柔軟な発想の習得に取り組み、効果を上げている。

 このゲームでは図1のような木片を多数用意する。それぞれの木片の表面には、一目見ただけで何かをイメージできそうな事象や数式などを書き、裏面には通し番号を振っておく。ゲーム開始時は、木片の数字面が上になるようにランダムに配置し、プレーヤーはそれらの中から所定枚数の木片を選ぶ。そして、それらの木片の表面に書かれた題目をつなぎ合わせて規定の時間まで思考を重ね、そこから発想した物事について第三者にプレゼンテーションを行うというゲームである。

図1●Type-Bのプログラムで実施するゲームに使う木片
木片には、さまざまな事象や数式などが書かれている。

 例えば、「△」「∫(積分記号)」という2枚を選んだ場合、プレーヤーは「3角形を縦方向に積分すると万華鏡(3角柱タイプ)になる」などとアピールしたり、図形の持つ性質をアピールしたりする。この際、表現の仕方に制約は設けない。第三者を納得させられるストーリーを導き出せるかどうかを、ここでは重視する。

 このゲームに限らずN-BREATSでは、答えを教えるのではなく、答えを考えてもらうことを大切にする。その過程は長く複雑になる場合が多いので、要所要所で「ここで一度整理しよう」(論理的なつながりの整理)、「違う視点で考えるとどうなるか」(検討の深化)といったアドバイスを繰り返す。

 つまり、「鑑みる」*1ことが方法論のコアになっている。物事を鑑みることは、確固たるリファレンスを持つことであり、当然、基礎の重要性が増し、それらを身に付ける機会も増えてくる。結果、基礎に立ち戻って既存の枠組みにとらわれない考え方ができるようになる。

*1 鑑みる 『デジタル大辞泉』(小学館)によれば、「かがみの動詞化。過去の例や手本に照らして考える」ことである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング