• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新体質改善・3次元設計 > 第40回:エレ/メカ連携(4)

体質改善・3次元設計

第40回:エレ/メカ連携(4)

  • 前田 篤志=O2 リサーチ フェロー、Ph.D.
  • 2013/01/15 00:00
  • 1/2ページ

 前回までの3回は、多くの機械製品には電気・電子部品が組み込まれており、機械設計と電気・電子設計の融合、すなわちエレ/メカ連携が不可欠になってきていることに触れた。加えて、現状のエレ/メカ連携はコンピュータの発達に伴って機構設計で培われてきたCADという環境の上に構築される形で進んでおり、メカ/メカ連携の域を脱していないと説明した。それでは、真のエレ/メカ連携はどのようにしたら実現できるのか──。今回からは、筆者らが提案する「N-BREATS」と呼ぶ方法論を紹介しつつ、そのための方向性を解説する。

まずは基礎領域に歩み出る

 真のエレ/メカ連携を実現するために筆者らが重要と考えているのは、端的に言うと、発生している現象を電気・電子工学と機械工学の共通基盤(基礎)となっている物理の視点で捉えられるようにすることである。N-BREATSは、そうした物事の見方へと技術者を促す方法論の1つである。

 日々の業務に追われる技術者は、とかく自分がやっていることを中心に物事を考えがちである。それは、まさしく自身の専門領域からしか物事を捉えていないということを意味している1)。そうした事実をあえて取り上げることによって、一度基礎領域という中立的な領域に歩み出る。この基礎領域から眺めるという行為が、物理現象として全体を俯瞰(ふかん)することにつながるのだ。

1)Kramer, R.,“Rethinking Trust,”Harvard Business Review, Jun. 2009.

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓