• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新体質改善・3次元設計 > 第24回:標準化とモジュール化(3)

体質改善・3次元設計

第24回:標準化とモジュール化(3)

  • 大泉 圭一=O2 技術ディビジョン コンサルタント
  • 2012/11/30 00:00
  • 1/3ページ

モジュール間の関係を調整

 形状設計の標準化・モジュール化は、効率的に製品シリーズを構築するために、機能や性能のバリエーションを定義するのが主な狙いだ。例えば、搬送モジュールと作業モジュールで構成される、ある生産設備を考えてみよう。この生産設備には、A、B、Cという3つの仕様がある。

 作業モジュールは3つの仕様のうちAとBの影響を受け、主要な諸元としてd、e、fを持っている。一方の搬送モジュールはBとCの仕様の影響を受け、主要な諸元としてe、f、gを持っている(の左上)。

図●モジュール間のインタフェース
作業モジュールと搬送モジュールを組み付けるには、諸元eと諸元fが同じ値でなければならない。仕様の値から各諸元の値を決める計算式を変更することで、これを実現できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれの諸元には設計ロジックとして計算式が定義されており、作業モジュールの諸元dは仕様Aの2倍の値であることを示している。両モジュールともe、fの諸元を持っており、これら共通の諸元が2つのモジュールのインタフェースになり、これらは同じ値にならないと組み付けられない。

 ここで、顧客が仕様A、B、Cに対して、それぞれ2、6、3の値を指定したとしよう。計算結果がの右上に示されているが、e、fの諸元の値が異なるため組み付けられない。もちろん、仕様に異なる値を指定したとしても結果は同じである。

 2つのモジュールを組み付けられるように標準化する場合、それらの間のインタフェースに関与する諸元はそれぞれ、単一の同じ仕様に基づくようにする必要がある。従って、例えばe、fの諸元が仕様Bで決まるように計算式を変え、必ず同じ値になるようにする(の左下)。すると、これらのモジュールはどのような仕様が提示されても、支障なく組み付けることが可能になる*1

*1 実際には、モジュールのバリエーションを幾つ想定するのかを事前に決め、インタフェースのバリエーションをそれ以下に設定するのが望ましい。

【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ