設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

第4回:先を行く欧米と韓国、日本も作成を急げ

日野三十四=モノづくり経営研究所イマジン 所長
2012/10/16 00:00
出典:『日経ものづくり』、2012年4月号 、pp.142-148. (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
 筆者の知る範囲では、1995年頃に米ビッグスリーが設計手順書の整備活動に取り組み、2000年には整備を完了したようだ。ビッグスリーの動きは欧米先進諸国の動きと考えてよいだろう。ただし、欧米の業務整備活動は優秀な設計スタッフが専門で取り組むことが慣習であり、設計現場から遊離した設計手順書になっている可能性がある。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング