• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新暗黙知を形式知に変換する「設計手順書」 > 第4回:先を行く欧米と韓国、日本も作成を急げ

暗黙知を形式知に変換する「設計手順書」

第4回:先を行く欧米と韓国、日本も作成を急げ

  • 日野三十四=モノづくり経営研究所イマジン 所長
  • 2012/10/16 00:00
  • 1/1ページ
 筆者の知る範囲では、1995年頃に米ビッグスリーが設計手順書の整備活動に取り組み、2000年には整備を完了したようだ。ビッグスリーの動きは欧米先進諸国の動きと考えてよいだろう。ただし、欧米の業務整備活動は優秀な設計スタッフが専門で取り組むことが慣習であり、設計現場から遊離した設計手順書になっている可能性がある。
【技術者塾】(6/16開催)
低コスト設計を支える機械材料の知識

もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ


一般の環境下で使用する材料に絞り込み、実務面に重点を置いた材料の性質の読み方と、具体的な材料選定の手順を「料理レシピ」のように分かりやすく紹介します。熱処理についても、材料知識と合わせて解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年6月16日
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ