設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 
日野三十四=モノづくり経営研究所イマジン 所長
2012/10/12 00:00
出典:『日経ものづくり』、2012年4月号 、pp.142-148. (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 第2回の図2を基に、設計手順書の姿を一般化したのが下のである。設計手順書を作ることによって、設計のモジュール化を進める上で不可欠となる各種モジュールテーブル*1を整備できるようになる(の下にあるのがモジュールテーブル)。設計手順書は既存の資産である特許情報/他社製品情報/品質基準/コストテーブルなどの「設計根拠情報」とリンクしているので、設計知識の集合体である。設計手順書がなければ設計根拠情報を作った人が他の設計者にそれらの使い方を口頭や連絡書で伝達することになり、その過程で漏れが発生して不具合が起こり、設計変更を余儀なくされる。

*1 モジュールテーブル 設計パラメータや部品仕様にモジュール数を適用したモジュール部品の一覧表のこと。モジュールテーブルに適用するモジュール数は、主に等比数列と等差数列がある。
図●設計手順書の概念
既存の設計根拠情報(設計資産)を基に設計のやり方を明文化・手順化する。それに伴い、整備すべき設計仕様モジュールテーブルの姿も見えてくる。設計手順書を順守すれば、商品力・品質の向上(Q)、コストダウン(C)、開発期間の短縮(D)、部品の少数化による環境保全(E)という4拍子がそろった設計を実現できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング