• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材JIMTOF2010を振り返る > 第1回:2つの攻め口で新興勢力に勝つ

JIMTOF2010を振り返る

第1回:2つの攻め口で新興勢力に勝つ

  • JIMTOF取材班
  • 2012/10/05 00:00
  • 1/2ページ

あらゆるムダを見極める

 日本メーカーはこれまで、極端に高い精度の実現や多品種少量生産への対応といったユーザーニーズを満たすべく、製品ラインアップを拡充してきた。いつしか、最大公約数的な仕様の“大は小を兼ねる”製品が多くなり、ユーザー側も「必要な機能を持っていることが重要」と、不要な機能を問題視することはなかった。

 しかし、工場の海外移転が進み、新興国における工作機械の市場が拡大。同時に、新興国の工作機械メーカーも登場し、一気に低価格化が進む。ただ、当初は「日本メーカー製の工作機械は、性能・品質が優れているから価格が高くても売れる」という理屈が通じた。

 しかし近年、新興国メーカーが開発した工作機械の性能や品質も格段に向上しており、その図式は崩れつつある1)。さらに新興国だけでなく日本市場においても、工作機械に対する投資対効果を評価する目は厳しくなるばかりだ。一方で最近では、新興国のユーザーが求める機能・品質のレベルも高まり、新興国メーカーとの競争が激しさを増している2)

1)近岡,「米国工作機械見本市レポート、韓国・台湾メーカーが日本を猛追」、『日経ものづくり』,2010年11月号,pp.54-61.
2)中山ほか,「上海工作機械見本市レポート、加工品質の高さで迫り来る中国メーカー」,同上,2010年9月号、pp.62-68.

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓