次世代工場 工場の将来像が見える
 

第1回:2つの攻め口で新興勢力に勝つ

JIMTOF取材班
2012/10/05 00:00
出典:日経ものづくり、2010年12月号 、pp.68-69 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

あらゆるムダを見極める

 日本メーカーはこれまで、極端に高い精度の実現や多品種少量生産への対応といったユーザーニーズを満たすべく、製品ラインアップを拡充してきた。いつしか、最大公約数的な仕様の“大は小を兼ねる”製品が多くなり、ユーザー側も「必要な機能を持っていることが重要」と、不要な機能を問題視することはなかった。

 しかし、工場の海外移転が進み、新興国における工作機械の市場が拡大。同時に、新興国の工作機械メーカーも登場し、一気に低価格化が進む。ただ、当初は「日本メーカー製の工作機械は、性能・品質が優れているから価格が高くても売れる」という理屈が通じた。

 しかし近年、新興国メーカーが開発した工作機械の性能や品質も格段に向上しており、その図式は崩れつつある1)。さらに新興国だけでなく日本市場においても、工作機械に対する投資対効果を評価する目は厳しくなるばかりだ。一方で最近では、新興国のユーザーが求める機能・品質のレベルも高まり、新興国メーカーとの競争が激しさを増している2)

1)近岡,「米国工作機械見本市レポート、韓国・台湾メーカーが日本を猛追」、『日経ものづくり』,2010年11月号,pp.54-61.
2)中山ほか,「上海工作機械見本市レポート、加工品質の高さで迫り来る中国メーカー」,同上,2010年9月号、pp.62-68.

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング