• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > JIMTOF2010を振り返る

JIMTOF2010を振り返る

[画像のクリックで拡大表示]

 厳しいコスト競争にさらされている日本の製造業。マザーマシンである工作機械にも、コストダウンの要求は厳しく突きつけられる。しかし、単なる価格競争に巻き込まれては、日本の工作機械メーカーに未来はない。持ち前の高い技術力を生かしつつ、コストパフォーマンスに優れた製品をユーザーに提供することが求められている。

 そうとはいえ、言うは易し行うは難し。実際、日本メーカーはどうすればよいのか。そのヒントが、2010年10月28日~11月2日に開催された「第25回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2010)」にある。各メーカーが出展した最新機種を見渡すと、日本メーカーが取り組む付加価値向上の方向性が見えてくる。ポイントは、工作機械そのものだけではなく、ユーザーが工作機械を運用して行く中で発生するムダをも削減できるようにすることだ。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ