デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

IPDがTSVとともにRF回路へ(3)

Jérôme Baron,Jean-Marc Yannou = 仏Yole Développement社
2012/12/12 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年11月号 、pp.60-62 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

Siインタポーザなど実装へも展開

 今後,IPDの応用範囲はさらに拡大するだろう。特にTSVによる垂直配線でIPD間を接続するようになれば,Siインタポーザのような新しい応用が市場に多数登場することになると,われわれは予測している。実際,多くのIPDメーカーが,Siインタポーザによってパッケージ基板内の高密度配線が可能になると考えている(図11)。

図11 SiPやWLPにIPDを利用した開発が進む
図11 SiPやWLPにIPDを利用した開発が進む
(a)SiPにIDPを適用した開発事例。オランダNXP Semiconductors社のデータ。(b)IPDで実現したSiインタポーザをファンアウト型WLPに適用したイメージ。著者のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 Siインタポーザの応用では,デカップリング・キャパシタがある。これによって,ロジックLSIの消費電力は低減できる。デカップリング・キャパシタは,ロジックLSIのすぐ近くに置くためパッケージ内に実装する。キャパシタとLSIとの距離である「デカップリング・ループ」を短縮することによって,特に高速動作のデジタル回路で,デカップリングによるパワー・インテグリティの問題を抑制できる。

 ロジックLSIの応用では,FPGA(field programmable gate array),マイクロプロセサ,グラフィックス処理プロセサ,ベースバンド処理LSI,医療用プロセサなどにおいて,IPDによるデカップリング・キャパシタの利用が有効である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング