• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス実装技術開発トレンド > 「小型化」から再び「高性能化」へ(2)

実装技術開発トレンド

「小型化」から再び「高性能化」へ(2)

  • 2012/11/13 00:00
  • 1/2ページ
表1 各機器での搭載LSI数の推移
電子情報技術産業協会(JEITA)Jisso戦略専門委員会実装技術ロードマップグループ(JJTRC)が策定した「日本実装技術ロードマップ」のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

搭載LSI数も減っていない

 小型化に寄与する搭載LSI数の削減も,ここ数年進んでいない。実装ロードマップでは小型化と実装容易性の観点から,一貫して搭載LSI数の減少を設計者の要望として挙げてきた(表1)。しかし,実際には搭載LSI数を一定に保つのが精いっぱいだった。機器の高性能化に伴う搭載LSI数の増加を,LSIへの機能集約によって抑えていた。

 機能集約のために,SoC(system on a chip)は微細化を進め,回路規模を大きくしている。SoCはASIC(application specific IC)ビジネスの失敗から,ASSP(application specific standard product)やフラッシュ・メモリー内蔵マイコンへと方向転換を図った。そしてIP(intellectual property)コアでの機能の組み込み,機能のソフト化,マルチコアによる高速化を実現し,LSIの機能集約を図ってきた。微細化に伴ってLSIの開発費用は膨大になりつつあるが,汎用性を持たせる努力をしている。また,メモリーの微細化も目覚しく,携帯電話機やデジタル・カメラの大容量メモリー化に大きく貢献している。

 以上,まとめていえることは「小型化するための実装技術に対する要求が小さくなっている」ということである。この背景には「商品の低価格化」,「商品の小型化によるインパクトの低下」,「実装技術開発の遅れを見越した機器メーカー側の要求の低下」の三つが考えられる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓