• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ回復基調の米ビッグ3、燃費と表示系で攻める > 最終回:PHVやEVでも新たな動き

回復基調の米ビッグ3、燃費と表示系で攻める

最終回:PHVやEVでも新たな動き

  • 狩集 浩志=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/22 00:00
  • 1/3ページ

LG Chem社製のセルを採用

 プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)については、今回のデトロイト・モーターショーでFord社のFusion Energiを含む4車種が初公開された(表1注1)。このうち、トヨタ自動車の「NS4」は、2015年の市場投入に向けた新型PHEVで、「Prius」とは異なる車種として発売する予定である。ハイブリッド・システムの詳細は明らかにしていないが、2015年には現在よりも電池パックなどを小型化できることから「PHEVが当たり前になる」(トヨタ自動車の説明員)とする。

表1 デトロイト・モーターショーに出展された主なPHEV
[画像のクリックで拡大表示]

注1) ホンダが出展した新型「Accord」はセダンではなく、クーペの「Accord Coupe」のみだった。

 特徴は、屋根に半透明の太陽電池を設置した他、内装としてインスツルメンツ・パネルに大型ディスプレイ、運転者の手元にタッチ・パネル付き小型ディスプレイを配置したこと。大型ディスプレイは手元の小型ディスプレイで操作できる。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ