電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

CCDのソニーも裏面照射型でCMOSへ(前)

三宅 常之=Tech-On!
2012/09/20 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年9月号 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

新構造のCMOSセンサー技術であるBSI(裏面照射)の製品化が相次いで始まった。BSI型CMOSセンサーは,まずはデジタル・カメラやデジタル・ビデオに搭載される。続いてハイエンドのカメラ付き携帯電話機への搭載が進む。低価格が売り物だったCMOSセンサーが,高画質用途に強いCCDセンサー市場を侵食していくことになる。出荷数量の大きな民生機器向けにBSI技術の導入が進むことによって,BSIの加工技術は3次元積層デバイスやMEMSデバイスなどほかのデバイスの進化をもたらす。

図1 イメージ・センサー大手がBSI型CMOSセンサーを相次ぎ市場投入
左の円グラフは2008年における市場シェアの推定。テクノ・システム・リサーチのデータ。 CMOSセンサーのシェアはセンサー各社の出荷数量に基づく。右は日経マクロデバイスが作成。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 大手各社がBSI型を相次ぎ投入
(a)ソニーのデジタル・カメラなど向けと(b)OmniVisionの携帯電話 機向け。(c)Aptinaも携帯電話機向け。同社はエピ・ウエーハを使う。 各社のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ビデオ・カメラ向けにCCDセンサー市場を切り開いたソニーが,“CMOS化”を進めている(図1)。開発リソースをCCDセンサーからCMOSセンサーにシフトしているのである注1)。CCD最大手の同社が,イメージ・センサーの高画質品はCCD,低価格品はCMOSというすみ分けを自ら崩した形だ。今後もデジタル・ビデオやデジタル・カメラなどの高画質イメージ・センサー市場にCMOSセンサーを投入していく(図2)。

ソニーに続きCMOS大手3社が参入

 ソニーのCMOS化の流れを作ったのがBSI(裏面照射)技術である。BSIは,CMOSセンサーの唯一の欠点ともいえた感度の低さを新製造プロセスによって2倍に高めて解消するもの。既に同社が市場に投入したBSI型CMOSセンサー搭載機器の画質への評判は上々のようである注2)。BSI型CMOSセンサーは,高画質センサー市場において,今後,CCDセンサーを押しのけて主役に躍り出るポテンシャルを持つ。

注1)ただし,ソニーは,顧客が望めばCCDセンサーの出荷を継続するとしている。

注2)例えば,家電製品などの価格比較サイト「価格.com」のユーザーの書き込 みを見ると,暗所を撮影した場合の性能が高いという評判になっている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング