• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計HTML5でつながる > 第2回 HTML5でGoogle社とApple社の呪縛を断ち切る

HTML5でつながる

第2回 HTML5でGoogle社とApple社の呪縛を断ち切る

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/11 00:00
  • 1/3ページ

HTML5の三つの効用

 Google社とApple社以外のプラットフォーム企業が、HTML5を採用するメリットは大きく三つある。第1に現在問題が顕在化しているAndroidとiOSのプラットフォーム分断(フラグメンテーション)をうまく利用して、自社のプラットフォームに多くの開発者を呼び込むことができること(図3)。第2にGoogle社とApple社のビジネスモデルや意向の影響を排除できるようになること。第3にプラットフォームに依存しない機器間連携が可能になることである。

図3 アプリのHTML5化で機器間のギャップを埋める
Apple社とGoogle社以外のソフトウエア・プラットフォーム・メーカーは、HTML5アプリ実行環境を用意し、開発者にHTML5でのアプリ開発を促す。 ただし、アプリのパッケージは各社各様であるため、アプリ・ファイル自体には互換性がない。
[画像のクリックで拡大表示]

 第1のメリットの根幹にある「フラグメンテーション問題」とは、同じアプリであってもAndroidとiOS、さらに、Android間でもプログラムを作り分けなければいけないというものだ。

 一般にAndroidのアプリ開発ではJava、iOSのアプリ開発ではObjective-Cという言語を使う。しかし、「JavaとObjective-Cの両方のプログラミング・スキルを持つ者は少ない」(ソフトウエア開発者)。同じアプリであっても、それぞれのプラットフォーム向けに異なる開発者人材を用意しなければならない。

 Androidを搭載したスマートフォンでは、プラットフォームのバージョン、機種の組み合わせが膨大である。しかも、その挙動は組み合わせごとに違う。そのため、アプリ開発者はアプリの検証作業に頭を抱えている。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓