半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

ナンバー・ワンの座は譲らない

Executive Vice President & General Manager Semiconductor R&D Center,MEMORY Division,Semiconductor Business、Won-Seong Lee 氏

2012/09/11 00:00
出典:NIKKEI MICRODEVICES、2008年3月号 、pp.28-29 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

「メモリー市場で首位の座は譲らない」。韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.のメモリーの研究開発を指揮するWon-SeongLee氏はこのような決意を示す。日本勢の猛追で市場シェアを落としつつある同社は,微細化での先行や次世代メモリーの量産化によって巻き返しを図る。メモリーの開発競争での勝算を同氏に聞いた。

1992年,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.に入社。1998 年,同社Vice President of Technology Development Team。DRAMやフラッシュ・メモリーの量産向け開発を担当。2004年,同社Senior Vice Presidentに就任。2007年から現職。

DRAMではエルピーダメモリ,NAND型フラッシュ・メモリーでは東芝が,2008~2009年に世界シェアで首位を獲ると宣言しています。危機感はありませんか。

 もちろん危機感はあります。シェア首位を何としても守りたいと考えており,そのために必要な投資をしていきます。われわれの強みは,投資効率で常に他社を上回ってきたことです。技術開発で差を付け,その段階で積極投資に踏み切る戦略でそれを実現してきました。この戦略を今後も貫きます。

圧倒的な投資額でシェアを維持してきたという印象があります。

 投資額だけで勝負してきたとは思っていません。設備投資に先立つ技術開発力でナンバー・ワンの座を勝ち得てきたのです。あくまでも,技術力がわれわれの競争力の源泉です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング