半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

2006年●SoCを携帯電話機向けに大量生産

Executive Vice President,Mobile Solution Development,System LSI Division, Semiconductor Business、Nam-Sung Woo 氏

2012/09/06 00:00
出典:NIKKEI MICRODEVICES、2006年1月 、pp.43-45 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
(写真:厚川千恵子)

 われわれ韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.のシステムLSI部門注1)は,携帯電話機向けの総合的なLSIソリューションに注力する。携帯電話機は,デジタル・カメラや携帯型ゲーム機,自動車向けナビゲーション・システムといった他のモバイル機器に比べて圧倒的に台数が11多いからである(図1)。もちろん,携帯電話機以外の分野を無視するわけではない。実際,デジタル・カメラ向けプロセサの開発にも力を入れている。しかし,最優先するのは,あくまで携帯電話機向けLSIソリューションである。

図1 ●数量の多い携帯電話機向けLSI に注力
携帯電話機向けにLSI ソリューションを提供する。米Gartner Group,米iSuppli Corp.の市場予測データを基に韓国Samsung Electronics Co., Ltd.が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

注1)Samsung Electronicsには五つの事業部がある。半導体事業部,液晶事業部,テレコム・ネットワーク事業部,デジタル・メディア事業部,デジタル・アプライアンス事業部である。このうち,半導体事業部は全体の売り上げの1/3を占めている。半導体事業部の中には三つの部門がある。メモリー部門,システムLSI部門,ハード・ディスク部門である。今回はシステムLSI部門について解説している。システムLSI部門は2004年に28億米ドルの売り上げを達成した。ビジネス分野は,(1)ディスプレイ向けドライバLSI事業,(2)モバイル・ソリューション事業,(3)ホーム&メディア事業,(4)ASIC&Siファウンドリ事業の四つに分かれている。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング