• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス電子デバイス売上高10倍、Samsung成長の15年 > 2006年●SoCを携帯電話機向けに大量生産

電子デバイス売上高10倍、Samsung成長の15年

2006年●SoCを携帯電話機向けに大量生産

Executive Vice President,Mobile Solution Development,System LSI Division, Semiconductor Business、Nam-Sung Woo 氏

  • 2012/09/06 00:00
  • 1/4ページ
(写真:厚川千恵子)

 われわれ韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.のシステムLSI部門注1)は,携帯電話機向けの総合的なLSIソリューションに注力する。携帯電話機は,デジタル・カメラや携帯型ゲーム機,自動車向けナビゲーション・システムといった他のモバイル機器に比べて圧倒的に台数が11多いからである(図1)。もちろん,携帯電話機以外の分野を無視するわけではない。実際,デジタル・カメラ向けプロセサの開発にも力を入れている。しかし,最優先するのは,あくまで携帯電話機向けLSIソリューションである。

図1 ●数量の多い携帯電話機向けLSI に注力
携帯電話機向けにLSI ソリューションを提供する。米Gartner Group,米iSuppli Corp.の市場予測データを基に韓国Samsung Electronics Co., Ltd.が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

注1)Samsung Electronicsには五つの事業部がある。半導体事業部,液晶事業部,テレコム・ネットワーク事業部,デジタル・メディア事業部,デジタル・アプライアンス事業部である。このうち,半導体事業部は全体の売り上げの1/3を占めている。半導体事業部の中には三つの部門がある。メモリー部門,システムLSI部門,ハード・ディスク部門である。今回はシステムLSI部門について解説している。システムLSI部門は2004年に28億米ドルの売り上げを達成した。ビジネス分野は,(1)ディスプレイ向けドライバLSI事業,(2)モバイル・ソリューション事業,(3)ホーム&メディア事業,(4)ASIC&Siファウンドリ事業の四つに分かれている。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓