半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

2003年●モバイル強化,ブロードバンド時代のリーダーに

Semiconductor Business,President, C.E.O、Yoon-Woo Lee氏

2012/09/06 00:00
出典:NIKKEI MICRODEVICES、2003年1月号 、p.117 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
Yoon-Woo Lee氏

 2002年は半導体業界の中で最も欠かすことができない企業になったと自負している。調査機関の米iSuppli社が2002年12月に発表した資料によれば,世界で2位に位置した。2001年に対して50%に近い成長によって達成したポジションである。TFT液晶パネルの世界でも,1998年以来トップの位置にいる。

 2003年のビジネス構想の中心にあるのは,モバイルとブロードバンド・ネットワークである。最近,ディジタル革命の流れの中,製品をはじめマーケティングや顧客にいたるすべてが変化しており,これらの中心にあるモバイルとネットワークに重点を置く。

 2003年の半導体市場はパソコンの緩やかな需要回復と,新しく脚光を浴びているPDA市場の成長に支えられて約10%の成長を期待できる。DRAMは,小幅ながら供給不足になると見ている。したがって,われわれはフラッシュ・メモリー,低電力メモリーなどのモバイル関連ビジネスを強化していく方針である。DDR2,ラムバスなどの高性能DRAMでのシェアは持続的に拡大する。NAND型フラッシュ・メモリーは2002年にトップに立った。この製品は,今後,用途が広がり,大きな成長が期待できる。

 この他,モバイル分野でSoCビジネスに注力する。PDA向けLSI,LCDドライバLSI,スマート・カード向けなどである。また,広帯域ネットワーク関連事業の本格化に向けて,ディジタル・テレビやセット・トップ端末向けのマイクロプロセサ,マルチメディア環境での動画像処理用SoCにも積極的に対応する。

 設備投資は2003年,300mmウエーハ専用ライン「No.12」を本格稼働させる。これを基に,半導体事業の競争力を引き続き強化する。(談)


■2002年の記事へ
■目次へ
■2004年の記事へ
<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング