技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第5回:事例に学ぶ(特別編)たった一人でカメラ・メーカーを創業

道本 健二=日経BP社、大槻 智洋=NE特約記者、台北科技市場研究
2012/09/24 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年11月16日号 、pp.48-49 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
40代,男性銀塩カメラ

【事例7】
行動力こそが身を助ける

 銀塩カメラの末期,愛好家の記憶に残るカメラがあった。レンジ・ファインダー銀塩カメラ「一式」(1998年発売)である。ブランドが問われる世界で名も無き個人企業「安原製作所」が生み出したそのカメラは,クラシック・カメラ・ブームを沸き起こした。

レンジ・ファインダー=ファインダー内に映る二つの像をそろえることで,ピントを合わせる機構。一眼レフのようにミラー・ボックスが要らないので,レンズや本体を小型化しやすい。一方で,撮れる範囲を正しくユーザーに示せないといった欠点から,一眼レフに主流の座を奪われた。

 安原製作所を起こした安原伸氏は,自分の信条に沿ったカメラを作ることにこだわり,大企業を辞めた。抜群の行動力と図らずも獲得したマネジメント能力,そして時代が彼に大きな成果をもたらした。しかし2004年,安原製作所は倒産。その後の人生を切り開いたのも,彼の高い行動力だった1)

参考文献
1)安原,『安原製作所回顧録』,えい(「木」へんに「世」)出版社,2008年1月.

カメラ開発じゃなきゃ辞める

安原製作所の2号機「秋月」と安原伸氏
安原製作所の2号機「秋月」と安原伸氏
秋月を最後に,安原氏は自らの会社を閉じた。

 安原氏は1964年に生まれ,神戸大学理学部物理学科を卒業。自主制作映画の監督だった安原氏は,カメラに関心があった。京セラに目を付けた安原氏は,面接で「カメラ開発以外に配属されれば辞める」と宣言。思惑通り,その業務に就き,高級銀塩カメラのマイコンの開発などを手掛けた。一方で,趣味として映画制作を継続した。生活は充実していたが,入社して10年で転機が訪れた。

 安原氏は銀塩一眼レフ機「CONTAXAX」の設計に参加した。AXは,フィルムを光軸方向に動かすという奇天烈なオートフォーカス(AF)機構を備える。これでも組み合わせる交換レンズが全群繰り出しなら,画質は低下しない。問題は,そんなレンズは一部しかなかったことだ。「こんなAFがZeissの世界で許されるわけがない」と思った注1)。安原氏は,一設計者である。企画が決まった以上,設計を進めるしかない。強い罪悪感を覚えつつ仕事を全うした。

全群繰り出し=全レンズが一体になって光軸方向に前後すること。

注1)Zeissとは,高性能レンズを19世紀から市場に供給し続けるドイツCarlZeiss社のこと。同社は京セラに,カメラ本体の設計・製造権および,CONTAXブランドの使用権を与えていた。

 AXは,どうにか発売されたものの,事業的には大きく失敗。安原氏は1997年2月,京セラを去る。「石にしがみついてでも勤め続けろ」と身内に言われたものの,独り身だったので「いざとなったら塾の先生でもやればいいさ」と意に介さなかった。

意図せず会社を始める 

 安原氏は当時,「カメラは自分の思い入れが強すぎてダメだ。家電か何か別なものを手掛けよう」と考えていた。だが,それはすぐに変わることになる。退社の翌日,安原氏は中国を訪問した。現在の中国PhenixOptics(鳳凰光学)社に,「一緒にカメラを作ろう」と持ち掛けるためだ。京セラ在籍時に中国を訪問し,たまたまPhenix社のカメラを購入したり,その製造現場を見学したりしていた。

 Phenix社に対して,「レトロなレンジ・ファインダー機が日本で受けるはず。そうした機種は今はないからチャンスだ」と安原氏は話した。勝算はなかった。破れかぶれだった。

 ところが,意外にもPhenix社は乗ってきた。引くに引けなくなってしまった。提案が採用された背景には,銀塩カメラの機能進化が停滞していたこと,加えて中国が改革・開放路線にシフトした後,Phenix社が日本製品にシェアを奪われていたことなどがあった。時代は安原氏に味方した。

 資金や部品の調達面では,カメラを愛する個人や技術者が彼を助けた注2)。なぜ,安原氏がそうした人々を巻き込めたのか。「映画を作っていたからじゃないですか」と同氏は言う。映画作りは専門家を指名し,チームを組むプロジェクト・マネジメントである。それを繰り返していたことが,期せずして仕事に役立ったわけだ。

注2)安原氏が東京都世田谷区のあっせん融資制度に応募したところ,カメラ好きの審査員が事業の価値を理解してくれた。中核部品であるシャッターの調達では,そのガリバー企業,現在の日本電産コパルが協力してくれた。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング