家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第18回:Lucasfilmバージョン2.0(下)

Phil Keys=シリコンバレー支局
2012/10/26 00:00
出典:日経エレクトロ二クス、2005年12月5日号 、pp.109~111 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

【前回より続く】

Fighting 2.4 G Interference

 Lucasfilm社は,格段に豊富になったメタデータをどう使ったのか。Fredによると,結局このシステムのメタデータは,俳優の映像と背景の映像を一致させるには精度が足りなかった。ただしメタデータがあることで,撮影は大幅にスピードアップした。例えば撮影済みの背景と合成する俳優の演技を撮るときに,背景の撮影時のメタデータを利用して,即座にレンズやカメラのアングルを設定できるようになった。「以前はノートを見返して,ああだこうだ言いながら,試行錯誤で設定してた。それが,ディスプレイを見れば済むようになったんだ」(Fred)。

 エピソード3の撮影中にFredが認めた唯一のカメラの問題は,メタデータとは関係なかった。ILM社がレンズの制御に使っていた無線が干渉に悩まされたのである。この無線方式が,2.4GHz帯を利用していたのがまずかった。携帯電話機やパソコンなどが発する「Bluetoothや Wi-Fi なんかの電波が周波数を埋め尽くしていて,レンズの遠隔操作は頭痛の種だった」(Fred)。

Changing Maya for George

Dan Gregoire with AMD based systems used for pre-viz work for Episode Ⅲ
[画像のクリックで拡大表示]

 2003年11月までに撮影はおおむね終了し,ポスト・プロダクション工程が始まった。エピソード2のときと同様Lucasfilm社は,最終的な作業に取りかかる前に「pre-viz」技術を用いてシーンのシミュレーションを作成した。当時Lucasfilm社傘下の米JAK Films社でDan Gregoireが率いていたグループは,合計6600シーンのシミュレーションを作ることになる。

 2004年1月,JAK Films社でpre-vizを担当したアーティストたちは,新たな玩具と戯れていた。pre-vizに使うコンピュータ・アニメーション・ソフトウエア「Maya」は,今や動作周波数2.2GHzの米Advanced Micro Devices, Inc.(AMD社)の64ビット・マイクロプロセサ「Opteron Model 248」を2つ搭載した30台のワークステーションと,9台のファイル・サーバの上で動作していた。AMD社は米Microsoft Corp.の協力を仰ぎ,64ビット対応のWindowsのベータ版を入手していた。さらに,Lucasfilm社が保有するMayaを,32ビット版のWindowsの限界だった2Gバイトの仮想空間を超えるメモリ領域にアクセス可能にした。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング