家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「Xbox 360」×「Windows Phone」×「Windows PC」のトライアングルで勝負するマイクロソフト

日本マイクロソフト

2012/06/04 00:00
印刷用ページ
 一昨年末発売した、コントローラーは不要、身ぶり手振りのみでゲームが楽しめるシステム「Kinect」効果で、昨年Xbox 360は発売6年目にして、ワールドワイドで年間最高販売台数1490万台を売り上げた。その勢いをいかに次の一手につなげるか。一方、ソーシャルゲームの爆発的ヒットにより、新たにぼっ興する国内ゲーム市場にどう立ち向かうか。国内Xbox 360事業を統括する、日本マイクロソフト 執行役 インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーの泉水敬氏に現況と今後の展望を聞いた。
  (聞き手/伊藤哲郎、写真/加藤 康)

――最初に、昨年は日本マイクロソフトにとって、どんな1年でしたか?

日本マイクロソフト 執行役 インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャー 泉水敬氏

泉水敬氏(以下、泉水氏):2011年はXbox 360にとって大きな飛躍の年となりました。なぜなら、2005年の発売以来最大となる台数をワールドワイドで販売し、累計販売台数が約6600万台に達したからです。

――一昔前は「家庭用ゲーム機の寿命は5年」といわれていました。発売から6年目にして年間最大販売台数を記録した理由は、やはり身ぶり手振りだけでゲームが楽しめる「Kinect」によるものでしょうか?

泉水氏:北米・カリフォルニアのディズニーランド・パークの楽しさを凝縮した『Kinect:ディズニーランド・アドベンチャーズ』をはじめ、「Kinect」対応タイトルが、幅広いユーザーさんからの支持を集めたのは、大きな原動力の一つです。

 しかし、飛躍の理由はそれだけではありません。2011年末にはXbox 360の本体ソフトウェアアップデートを実施し、ユーザーインターフェイスを「Metro (メトロ) UI」に一新しました。「Metro (メトロ) UI」は「Windows Phone」や次期Windows OS「Windows 8」で採用されるものです。今まで以上に自分仕様にカスタマイズが可能で、「自分の必要とする情報がすぐに把握できるようになった」と評価していただいています。こうした新鮮な体験を継続してご提供できたことが評価につながり、トータルでの結果になったと思っています。

Xbox 360は昨年12月6日本体ソフトウェアアップデートを実施し、「Metro (メトロ) UI」を採用。「Kinect」を用いることにより直感的な操作で、各種エンタテインメントを楽しめる

新たな販路開拓で広がるユーザー層

――昨年の国内でのトピックとしては、『Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ Disney Store 限定パック』をディズニーストア 公式オンラインサイト、イクスピアリ(舞浜) のディズニーストアで販売するなど、新たな販路の拡大がありましたね。

泉水氏:ディズニーストアさんのみならず、例えばイトーヨーカドーさんのようなゼネラルマーチャンダイズストアにもXbox 360が並ぶようになりました。

 「Kinect」の魅力を知っていただくには体験プレーが最も効果的です。そもそも今までXbox 360に触れる機会のなかった方々にも、Xbox 360、そして「Kinect」を体験していただく場を増やすことに注力しました。

――その手ごたえはどうでしたか?

泉水氏:お母さんと娘さんが一緒にXbox 360Kinect バリューパックと『Kinect: ディズニーランド・アドベンチャーズ』をお買い求めいただく姿を目にすると、ユーザーさんの広がりを実感します。一方、4月5日に発売した『Kinectスター・ウォーズ』はお父さん世代にも強く訴求するタイトルです。YouTubeや人気海外ドラマなどが楽しめる「Hulu」など映像サービスへの対応も強化し、家庭のリビングで誰もが「楽しめる」ゲーム機により一歩近づいたのではないでしょうか。

『Kinect:ディズニーランド・アドベンチャーズ』
カリフォルニアのディズニーランド・パークの世界が体験できる。ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちとハグをするなど「Kinect」を活用しながら触れ合い、彼らの願いをかなえ、アトラクションの世界を体験しながらゲームを進める。Xbox 360のユーザー層を広げたタイトル
『Kinectスター・ウォーズ』
ジェダイの騎士にふんし、ライトセーバーで帝国軍と戦ったり、レースやダンスが楽しめたりと多彩なモードを搭載
お笑い芸人の麒麟、SDN48を卒業した芹那ら、著名人の体験プレーを交えた『Kinectスター・ウォーズ』の発売記念イベントが開催された
(C) 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, the Kinect logo, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies. Frontier, Cobra and the Frontier and Cobra logos are trademarks of Frontier Developments Ltd. All rights reserved. (C) Disney; (C) Disney / Pixar.

LucasArts and the LucasArts logo are registered trademarks of Lucasfilm Ltd. (C)2012 Lucasfilm Entertainment Company Ltd. or Lucasfilm Ltd. & (C)or TM as indicated. All rights reserved. (C)2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Kinect, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies.

「Kinect」の広がりが生み出す可能性

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング