• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマGT-Rの開発 > 第12回:見えない上限(下)

GT-Rの開発

第12回:見えない上限(下)

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2012/05/17 00:00
  • 1/3ページ

【前回より続く】

 ドライバーへの負担は当然,重くなる。だが,松本はすぐに走行データの重要性を理解した。走行データがあることで,課題の抽出がとにかく速く進むのだ。その一例として「再現性のない現象も記録に残せること」を松本は挙げる。

 例えば,こんなことがあった。走行テスト中,変速すべきところで変速しなかったのだ。すぐさま松本は変速機の担当者を助手席に乗せ,この現象を再現しようとした。言葉で説明するより,実際に体験してもらった方が話は早いと,反射的に判断したからだ。しかし,残念ながら二度と同じ現象は発生しなかった。

 このまま何の対策も施さずに開発を進めていき,もしこの現象が発売後に生じれば,ほぼ間違いなくクレーム案件になる。この現象を実際に経験した松本にとっては,何らかの対策を施してほしいと考えるのは,至極当然のことだった。

 問題は,変速機の担当者をどのように説得するかである。変速機の担当者にしてみれば,不具合を経験していない以上,不具合があるかどうかを判断するのが非常に難しい。やらなければならないことが山積みの中で貴重な工数を割くには,不具合の存在を確信できるだけの根拠が欲しかった。

 従来は「確かに変速しなかった」と言い続けて説得する以外に方法はなく,それを対策につなげるには相当の粘り強さが必要だった。だが,今回は違っていた。走行データにおけるギア位置の推移を見ることで,変速していなかったことを証明できるのだ。実際,この不具合に関しては担当者が原因を突き止め,対策を施した。

あっという間に課題解決

 永井や松本だけでなく,車両の運動性能を重点的に評価する役割の新美豊と神山幸雄も,走行データの有用性を実感していた。分野は違えど,新美は永井と同じ評価エンジニア。一方の神山は松本と同じドライバーである。

 神山は,走行テスト中に「ブレーキペダルが踏めなくなる」という事態に何度か遭遇した。よくよく調べると,その現象は手動でシフトダウン(GT-Rの変速機は,パドルシフトによる変速操作が可能な自動MT)をしていたときに発生していた。

神山幸雄(左)と新美 豊(右) 神山は日産自動車技術開発本部車両実験部ダイナミックパフォーマンス実験グループチーフ。新美も同グループに所属。(写真:栗原克己)

 後で分かることだが,本来作動してはならないアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)が作動していたのだ。しかし,その走行テストの時点ではABSが作動した可能性は疑えたとしても,本当に作動したかどうかの確証を持つまでには至らなかった。

 神山の証言を基に,新美は課題の解決に向けて動き始める。ここで,通常の新型車開発のように走行データが十分に存在しない場合には,ほとんど手探り状態で進めなければならない。たとえ,ABSの誤作動という“仮説”が正しかったとしても,誤作動の原因がABS装置自体にあるのか,ABSの作動に関係するセンサ類にあるのか,それとも設計の見落としがあるのかといったことが,全く分からないからだ。原因である可能性が高いものから一つずつ検証していくにしても,とにかく時間がかかる。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ