COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第1回:夜な夜な役員応接に忍び込む(上)

根津 禎=日経エレクトロニクス
2011/12/15 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年9月21日号 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のシステム。中央に写っている複数の大型筐体が「P.O.D」,左側がゲーム・データを専用カードに記録する「ターミナル機」である。写真は,2009年8月21~23日に開催された「GUNDAM BIG EXPO」での関連イベントに設置されたもの。
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲームセンターやアミューズメント・パークなどに設置される業務用(アーケード)ゲームの中で,ユーザーから絶大な支持を受けている体感ゲーム機がある。バンダイナムコゲームスが開発した「機動戦士ガンダム 戦場の絆」(以下,戦場の絆)である。

 その名の通り,1979年に放映が始まったテレビ・アニメ「機動戦士ガンダム」を題材にしている。「P.O.D」と呼ぶコックピットのような巨大なドーム型筐体に乗り込み,筐体内の球面スクリーンに映し出された映像を見ながら,人型兵器「モビルスーツ(MS)」を操縦して遊ぶ。P.O.Dは他のP.O.Dと通信可能で,プレーヤーは「地球連邦軍」と「ジオン軍」の2チームに分かれ,仲間と協力しながら戦い,お互いのスコアを競い合う。

 戦場の絆は,ここ数年停滞気味のアーケード・ゲーム市場にあって,2006年11月の本格的な稼働以来,異例のヒットになった。1セット(P.O.D4台とカード・システム用機器など)で約1400万円という高価な商品ながら,登場から3年で約1000セット以上が全国のゲームセンターなどに販売された。

ゲーム市場全体はもちろん,アーケード・ゲームの市場規模もここ数年停滞している(左)。こうした状況下でも,戦場の絆はアーケード・ゲームの中で根強い人気を誇る。右は,ゲーム専門誌を出版するエンターブレイン発行の「週刊ファミ通」,2009年4月3日増刊号~9月10日号(集計期間は2009年2 月2日~7月18日)が掲載した,「ビデオゲームTOP10」ランキングを基に本誌が作成した。同ランキングは全国の協力店20店舗の2週間の売上高から算出している。
[画像のクリックで拡大表示]

 戦場の絆は,開発当初に練り上げた目標を忠実に守り続けて作られた。この実現を技術面で手助けしたのは,旧ナムコが開発し,社内で「塩漬け」状態になっていた,ドーム型ゲーム機「O.R.B.S」だ。O.R.B.Sで導入された技術や開発経験などの再利用が,ドーム型筐体P.O.D,そして戦場の絆の成功につながったのである。

 すべての始まりは今から約10年前。O.R.B.Sの開発が始まる1999年春にさかのぼる─。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング