家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第2回:安心しろ,絶対に間に合わない(下)

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2011/11/22 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2006年11月6日号 、pp.134~135 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

【前回より続く】

 須永らの逆提案にシャープは飛び付く。ザウルスを開発していた情報通信事業本部 新携帯端末事業部(2006年10月1日付で通信融合端末事業部に名称変更)は,事業の先行きに不安を持っていたからだ。国内外のPDA市場は縮小が続いており,熱狂的なユーザーを抱えるザウルスといえども安泰とはとてもいえない。W-ZERO3の企画を担当した同事業部 第1商品企画部 部長の中川潤子は「新しい端末で,ウィルコムと一緒に新しい市場を創りたいという思いは強かった」と話す。

シャープの中川潤子氏

一緒に新しい市場を創りたい

 W-SIMが利用できることもシャープを後押しした。W-SIMは音声とデータ両方を含むPHSの通信機能とアンテナをモジュール化したもの。機器側はW-SIMを制御するソフトウエアなどを用意するだけでPHS機器が作れる。新携帯端末事業部の技術陣はPHS機器の開発経験が皆無だったが,W-SIMを使えるならハンディは少ない。「無線機器を一から開発するならテストなどを含めて少なくとも2年は必要。だが,W-SIMを使えるならその開発をかなり省略できる」(中川)。

 あとはウィルコムを納得させる機器を提案できるかどうかだ。ウィルコムからの逆提案を受けてから2カ月近くかけ,シャープは製品コンセプトを練りに練った。ウィルコムが求める条件を整理すると三つになる。

 ① 電話として使える

 ② パソコンのように使える

 ③ 価格は5万円以下

表 W-ZERO3の初代機「WS003SH」と基となったザウルス「SL-C1000」の仕様比較。網掛け部分が共通している型番
[画像のクリックで拡大表示]

 開発の基盤とする機種は発売直前のザウルス「SL-C1000」に決めた。ただし,そのままではサイズが問題になる。SL-C1000は幅が87mmあり,片手で持って携帯電話機のように通話するには無理がある。一方,3.7型の大型液晶ディスプレイは使いたい。両者の兼ね合いから幅は70mmと決まった。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング