• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > ホンダ イノベーション魂!

ホンダ イノベーション魂!

写真:栗原 克己
写真:栗原 克己

 まだどこにもない技術の開発、すなわちイノベーションに挑戦することはワクワクする---。しかし、筆者の経験からすると、そんなに単純なものではない。

 筆者は、2005年にホンダを退職するまで経営企画部長を務めたが、もともとは技術者だ。16年の研究開発の末、日本初となるエアバッグシステムの量産・市販に成功した。その後、助手席側のエアバッグシステムも世に送り出した。技術者としてのキャリアの大半をエアバッグの開発・量産化・市販に充て、その後はホンダの経営と身近に接してきた。その間にイノベーションについて真剣に考え続けた。理想化する気は毛頭ないが、ホンダにはイノベーションを成功に導く企業文化や仕掛けがあると考えている。本稿では、イノベーションの成功を引き寄せるための考え方やアプローチを紹介していきたい。

小林三郎(こばやし・さぶろう)
中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授
こばやし・さぶろう 1945年生まれ。1968年に早稲田大学理工学部卒業。1970年、米University of California、 Berkeley工学部修士課程修了。1971年に本田技術研究所に入社。1987年に日本初のSRSエアバッグの量産/市販に成功。2000年にはホンダの経営企画部長に就任。2005年12月に退職後、2006年3月に一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授に就任。2010年4月から中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授。本連載の基になった書籍『ホンダ イノベーションの神髄』(日経BP社)を2012年7月に発行。

記事一覧

【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ