設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

ホンダ イノベーション魂!

小林三郎=中央大学 客員教授(元・ホンダ経営企画部長)
2011/11/15 15:26
印刷用ページ
写真:栗原 克己
写真:栗原 克己

 まだどこにもない技術の開発、すなわちイノベーションに挑戦することはワクワクする---。しかし、筆者の経験からすると、そんなに単純なものではない。

 筆者は、2005年にホンダを退職するまで経営企画部長を務めたが、もともとは技術者だ。16年の研究開発の末、日本初となるエアバッグシステムの量産・市販に成功した。その後、助手席側のエアバッグシステムも世に送り出した。技術者としてのキャリアの大半をエアバッグの開発・量産化・市販に充て、その後はホンダの経営と身近に接してきた。その間にイノベーションについて真剣に考え続けた。理想化する気は毛頭ないが、ホンダにはイノベーションを成功に導く企業文化や仕掛けがあると考えている。本稿では、イノベーションの成功を引き寄せるための考え方やアプローチを紹介していきたい。

小林三郎(こばやし・さぶろう)
中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授
こばやし・さぶろう 1945年生まれ。1968年に早稲田大学理工学部卒業。1970年、米University of California、 Berkeley工学部修士課程修了。1971年に本田技術研究所に入社。1987年に日本初のSRSエアバッグの量産/市販に成功。2000年にはホンダの経営企画部長に就任。2005年12月に退職後、2006年3月に一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授に就任。2010年4月から中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授。本連載の基になった書籍『ホンダ イノベーションの神髄』(日経BP社)を2012年7月に発行。
【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング