• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > ホンダ イノベーション魂!

ホンダ イノベーション魂!

写真:栗原 克己
写真:栗原 克己

 まだどこにもない技術の開発、すなわちイノベーションに挑戦することはワクワクする---。しかし、筆者の経験からすると、そんなに単純なものではない。

 筆者は、2005年にホンダを退職するまで経営企画部長を務めたが、もともとは技術者だ。16年の研究開発の末、日本初となるエアバッグシステムの量産・市販に成功した。その後、助手席側のエアバッグシステムも世に送り出した。技術者としてのキャリアの大半をエアバッグの開発・量産化・市販に充て、その後はホンダの経営と身近に接してきた。その間にイノベーションについて真剣に考え続けた。理想化する気は毛頭ないが、ホンダにはイノベーションを成功に導く企業文化や仕掛けがあると考えている。本稿では、イノベーションの成功を引き寄せるための考え方やアプローチを紹介していきたい。

小林三郎(こばやし・さぶろう)
中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授
こばやし・さぶろう 1945年生まれ。1968年に早稲田大学理工学部卒業。1970年、米University of California、 Berkeley工学部修士課程修了。1971年に本田技術研究所に入社。1987年に日本初のSRSエアバッグの量産/市販に成功。2000年にはホンダの経営企画部長に就任。2005年12月に退職後、2006年3月に一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授に就任。2010年4月から中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授。本連載の基になった書籍『ホンダ イノベーションの神髄』(日経BP社)を2012年7月に発行。

記事一覧

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓