設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

個性を磨く新型接着剤

富岡 恒憲=日経ものづくり
2011/11/15 18:00
出典:日経ものづくり、2010年1月号 、pp.59-67 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 異種材料の接合が可能ならば,比重の軽い素材への転換が容易になる。面での接合ができれば,点接合の場合よりも接合対象の剛性を高められ,高剛性化によるゆとり分を接合対象の薄肉化に振り向けることが可能になる。
 接着剤ならこうしたことが実現できる上,微小な部品や薄い部品でも接合できるし,シールとしても機能したりする。こうした利点から,自動車や航空機,鉄道車両の軽量化,電気電子機器の小型・薄型化などの進展に相まって,接着剤が再び注目を集めている。
 それによって,接着剤がさらに幅広い用途で使われるようになり,接着剤へのニーズが高度・多様化。 接着強度が高く大きな負荷がかかる用途で使える,柔軟性に優れ振動に強い,酸素を遮断して酸化を防止できる--など,適用対象ごとにより適した接着剤が求められるようになってきている。
 そして,それに応えようと,既存の接着剤の枠にとらわれない,さまざまな分野での知見を接着剤の開発に生かそうというメーカーや研究機関が現れ始めた。食品包装材,コネクタ,建築用シーリング材などでの経験を基に,万能型ではなく,ガスバリア性や硬化速度,柔軟性,接着強度などある種の特性を狙い撃ちして強化した個性派の新型接着剤を次々と開発している。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング