• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 海外工場の製造品質を高める

海外工場の製造品質を高める

 著者の佐々木久臣氏は、日本に加え、欧州や米国、中国、韓国、アセアン加盟国、南アフリカ、トルコなどで経営者や指導者として工場の運営に実際に携わってきた。同氏が中心になって立ち上げた、いすゞポーランドのディーゼルエンジン工場は、生産開始後1年でポーランド自動車工業会の「カンパニー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。こうした経験を通じて培った、海外工場の製造品質を高めるための勘所を紹介する。

佐々木久臣(ささき・ひさおみ)
東京大学 特任研究員(元・いすゞ自動車 専務取締役)
1965年、東北大学工学部を卒業後、いすゞ自動車に入社。生産技術室係長、RV車を製造する英IBC社社長、海外事業室長などを経て、1997年にポーランドIsuzu Motors Polska社の社長に。帰国後、2001年にいすゞ自動車専務取締役(生産部門統括)。現在は東京大学大学院経済学研究科特任研究員やアリックスパートナーズ・アジア シニア・アドバイザーなどを務める。

【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ