家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第1回・おサイフケータイ誕生

山本国際コンサルタンツ 代表 山本 正行
2011/08/29 09:00
印刷用ページ


 2011年後半から本格化するスマートフォンへのNFC標準搭載を契機に、米Google社や米Apple社、欧米の携帯電話事業者、銀行、クレジットカード業者などが、NFC(near field communication)を使ったモバイル・ペイメント(携帯電話機による決済サービス)に本格的に乗り出す(NFCの詳細についてはこちらを参照)。Google社がクーポンとNFCによる決済を融合させたスマートフォン向けサービス「Google Wallet」を2011年夏から開始するほか、米国、英国、ドイツ、フランスなどの携帯電話事業者や銀行、交通機関がこぞって、2012年頃に向けてNFCとスマートフォンを組み合わせた決済サービス開始を計画している。狙いは現実世界での購買活動をネットワーク上に取り込み、これを解析することで、新しいモバイル・サービスを生み出すことだ。

 本連載では、欧米と日本のモバイル・ペイメントの歴史を振り返ったうえで、今後登場するサービスや、Google社やApple社の参入によるモバイル・ペイメントの新しい業界地図を展望する。

 第1回目の今回は、世界に先駆けて携帯電話機の非接触通信を使ったモバイル・ペイメントを実現した、おサイフケータイが生まれるまでを中心に解説する。

情報サービスのキャリア課金が源流

 最初に今回のテーマである「モバイル・ペイメント」の定義をしておきたい。モバイル・ペイメントはコンビニエンス・ストアや駅の改札などの現実社会だけでなく、電子商取引(EC)を含んだモノを売る場(マーケット・プレイス)で、携帯電話機やスマートフォンを使って決済することを指す(図1)。この定義に従えば、モバイル・ペイメントの歴史は、ゲームや情報サービスなどのいわゆる「モバイル・コンテンツ」の支払い手段として使われ始めたところから始まる。

モバイル・ペイメントの定義
[画像のクリックで拡大表示]

モバイル・コンテンツの支払いは基本的にはネット決済のモバイル版だが、携帯電話事業者による収納代行(キャリア課金)が基本となっている点が従来のネット決済と大きく異なる。モバイル・ゲームの発展に伴い、モバイル・ペイメントにはプリペイド方式の電子マネーという決済手段も取り込まれていった。

iモードでモバイル・ペイメントが活性化

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング