• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス東アジアのLED電球分解、設計思想の違いが明らかに > 第3回:放熱に力を入れる海外勢

東アジアのLED電球分解、設計思想の違いが明らかに

第3回:放熱に力を入れる海外勢

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2011/08/09 00:00
  • 1/1ページ
放熱機構に関しても、日本メーカーと海外メーカーで明確な違いが見られた(図6、図7)。発光効率の高いCOB型のLEDを用いた東芝ライテックの7.2W品では、LEDの熱を円形のAl板に伝え、そこから筐体に伝える構造を採用している。円形のAl板と筐体はさほど密着しておらず、「放熱性が高い構造とは思えない」(分解に協力した技術者)。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓