COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第2回:録画できない録画機なんて

根津 禎=日経エレクトロニクス
2011/08/11 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年9月20日号 、pp.182~185 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

【前回のあらすじ】 2008年4月に開かれたアイデア会議で,地デジの視聴・録画をPS3で可能にする周辺機器「torne」の原案が持ち上がる。当初は複数あった案も,フルセグ方式とワンセグ方式の2案にまで絞られた。ところが,ここからがなかなか進まなかった。この状況を変えたのは,ある男が商品企画に加わってからだった。

(写真:人物は加藤 康,そのほかはSCE提供)

「ワンセグなんてあり得ません。この企画はフルセグでいきます!」

渋谷清人氏

 2008年10月。商品企画部に異動し,torneの開発に携わるようなった渋谷清人(現・ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE) 商品企画部 3課 課長)は,開発メンバーたちの前でこう宣言した。携帯電話機の小型画面ならまだしも,プレイステーション3(PS3)を使い,大型のテレビ画面で映像を楽しむならフルセグしか選択肢はない。渋谷は,そう考えていた。

 当時の開発チームでは,通常の12セグメント放送(フルセグ)に対応した地上デジタル放送用チューナーを一つ利用するか,あるいは1セグメント放送(ワンセグ)に対応した地デジ・チューナーを四つ利用するかで意見が割れていた。渋谷はtorneの開発にかかわる前から,この状況を知っていた。

 開発チームの主要メンバーで,技術開発を取り仕切る石塚健作(ソフトウェアプラットフォーム開発部 2課 1グループ)も,フルセグ方式が良いと考えていた。アップコンバートができるとはいえ,ワンセグの映像を大画面で見るのは消費者に受け入れられないだろう。その考えは,torneの企画などを練るゲーム・デザイナーの西沢学(Worldwide Studios JAPANスタジオ 制作部 シニアゲームデザイナー)にも共通していた。

 ところが,石塚の上司がワンセグ方式を推していたため,なかなか案を一本化できなかった。ここに,商品企画サイドの人間として,torneの商品開発を統括する渋谷がフルセグ方式の採用を強く主張したことで,開発はフルセグ方式へと大きく傾き始めた。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング