設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

トヨタ自動車 国内全12工場

動力を中央監視、毎時の最適供給が可能に

高田 憲一=日経ものづくり,吉田 勝=日経ものづくり,池松 由香=日経ものづくり
2011/07/19 00:00
出典:日経ものづくり、2010年1月号 、pp.36-38 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
●所在地:愛知県 ●従業員数:7万1116人(2009年3月末現在の国内従業員数)
●主要生産品目:乗用車,住宅

2008年度のトヨタ自動車の二酸化炭素(CO2)排出量とエネルギコストを見ると,生産台数激減の傷跡がはっきりと残されている。図1は,非生産部門も含めた国内のトヨタのCO2排出量だが,2007年度の158万t/年から2008年度は134万t/年と15.2%減った。

 これは,在庫調整に伴う急激な減産のためだ。トヨタは2009年2月に前年同月比64%の減産を国内で実施している。当然,CO2の排出量は減る。

タイトル
図1●トヨタ自動車の国内におけるCO2排出量と売上高当たりのCO2原単位の推移
2008年度CO2の排出量は大きく減ったが,売上高当たりのCO2原単位は逆に10%以上悪化した。

コスト指数は大幅悪化だが

 一方,1億円を売り上げるために排出したCO2量(CO2原単位)を見ると,2007年度の13.1t/億円から2008年度には14.5t/億円へと10%強悪化した。工場で使うエネルギのコスト指数の悪化は,もっと著しい。2006年度を100とした国内全12工*1場のコスト指数は, 2007年度は97にまで下がったが2008年度は大きく跳ね上がり,131になってしまった。

*1 国内全12工場 本社,元町,上郷,高岡,三好,堤,明知,下山,衣浦,田原,貞宝,広瀬の各工場。生産子会社は除く。

 一般に生産量が減ると,エネルギの使用量とそれに伴うCO2排出量も減少する。ただし,生産量に比例して減るわけではない。設備の維持などに一定のエネルギが必要になるからだ。この部分は生産量が減っても変わらないため,生産量の減少に伴い,エネルギとCO2の原単位は悪化するのが普通だ。

 生産計画の下方修正が相次ぐ中,それに素早く対応し,最も効率が良くCO2排出量の少ないエネルギを工場に対して供給することは非常に困難だ。実は,以前のトヨタではできなかったが,今回の減産局面では,それが可能になった。既に構築を終えていた見える化システムが大きく貢献したからだ。確かにCO2原単位とコスト指数は悪化したものの,見える化システムによって何とかこのレベルに踏みとどまったのである。

1時間単位で効率を把握

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング