• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデジタル機器の進化をサポートする「FPGA」 > Altera社がFPGAに光伝送,2012年以降に製品化へ

デジタル機器の進化をサポートする「FPGA」

Altera社がFPGAに光伝送,2012年以降に製品化へ

高速化の限界打破を狙う

  • 大石 基之=日経エレクトロニクス
  • 2011/07/22 00:00
  • 1/2ページ

 「3年後、5年後のユーザー・ニーズに、継続的に対応できる技術は何か。この答えが、LSIインタフェースの光化である」(日本アルテラ マーケティング部 ディレクタの堀内伸郎氏)。

 LSIのインタフェースが、ついに「光」化する。米Altera社が、FPGAに光インタフェースを導入していく方針を明らかにした(図1)。2011年内に試作チップを用いたデモンストレーションを実施し、2012年以降に製品化する予定である。高精細ビデオ転送やクラウド・コンピューティング、3次元ゲーム、高性能ビデオ監視などの用途に向ける。これらの機器において、メイン・ボード上のLSI間配線の他、筐体間配線など、広範囲に適用する。

 LSI伝送の光化については、米Intel社なども模索中だ。Intel社はかねて、光信号でデータをやりとりする技術「Light Peak」の開発を進めている。ただし、同社が2011年2月に発表した最大10Gビット/秒の高速インタフェース「Thunderbolt」では、光伝送を利用せず、従来の電気信号を採用している。Intel社もゆくゆくはThunderboltに光配線を導入する見込みだが、Altera社がLSI伝送の光化で先んじる可能性が高まった。

図1  LSI伝送の光化が始まる
ボード上の配線を電気のみで構成する場合(a)と、光配線を導入する場合(b)について、特徴を まとめた。
[画像のクリックで拡大表示]

「対症療法」から「根治療法」へ

図2 電気配線はもはや限界
従来の電気配線では、高速化とともに伝送損失が増大する(a)。伝送損失による信号劣化を補うために、イコライザなどのアクティブ 回路をLSIに搭載するといった対策が取られている。高周波数化に伴い、その対策はどんどん難しくなる(b)。
[画像のクリックで拡大表示]

 Altera社がいち早くLSIへの光インタフェース導入に踏み切った背景には、高速化の限界打破に向けた強い思いがある。同社によれば、例えば40cm程度の距離を伝送するバックプレーン接続などにおいて、従来の電気配線を利用したFPGAの高速化が限界に差し掛かっているという(図2)。高速化に伴い、電気配線部で生じる損失が増大するからだ。

 FPGAの高性能品では現在、1チャネル当たり28Gビット/秒のインタフェースを備えた品種の出荷が始まりつつある。ここで、「1チャネル当たり28Gビット/秒の信号をそのまま送信すると、受信側では波形がほとんど潰れてしまう。そのため、現状では、送信側であらかじめ波形を強調して送る『プリエンファシス』や、受信側で波形を調整する『イコライザ』といった複雑な回路をFPGAに組み込んで何とか対応している。ただし、これらの手法を利用しても28Gビット/秒を超える高速化はそもそも難しそうだ。この限界を、光伝送で打破したい」(日本アルテラ)という。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ