半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

「8nm世代まで視野に入る」,FPGA製造をIntelに委託

Achronix社が22nm世代品を2011年末に出荷

大石 基之=日経エレクトロニクス
2011/07/15 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年11月29日号 、pp.12~13 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
左がAchronix社 Chairman and CEOのJohn Lofton Holt氏,右が同社 VP of MarketingのYousef Khalilollahi氏
図1 22nm世代の製造技術で既存のFPGAと差異化
Achronix社は,22nm世代の製造技術を先行利用した高性能FPGA製品(Speedster22i-HP)と高集積FPGA製品(Speedster22i- HD)を市場投入する。性能と集積度の両面で既存のFPGAを凌駕することを狙う。(図:Achronix社の資料を基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 「米Intel Corp.との協業関係は22nm世代にとどまらない。15nm,11nm,そして8nm世代までを視野に入れている」(米Achronix Semiconductor Corp.,Chairman and CEOのJohn Lofton Holt氏)。FPGAベンダーのAchronix社は,同社のFPGAをIntel社の22nm世代のプロセス技術で製造することで合意したと,2010年11月に発表した(図1)。冒頭のコメントは,この発表を受けて実施した本誌の取材で明らかになったもの。

 Intel社は22nm世代の最初の製品を2011年後半に生産する予定である。Achronix社はIntel社の22nm世代の技術で製造したFPGAのサンプル出荷を,2011年第4四半期に開始する。

Intel社が生産受託する理由

 最先端のプロセス技術について,Intel社はマイクロプロセサなどの自社製品で使い切る「自前主義」を基本としてきたが,今回,その方針を転換して外部から生産を受託することを決めた。今回の提携により,Intel社がAchronix社から請け負う生産量はIntel社の全生産量の1%未満と少ないものの,Intel社は他社との協業を今後も模索していくという。

 Intel社がAchronix社から生産を請け負うことを決断した理由は,大きく二つあるとみられる。

 第1に,プロセス技術の微細化とともにうなぎ登りになっている半導体工場の建設費用やプロセス技術の開発コストの回収である。例えば,22nm~12nm世代の300mmウエハーの論理LSI工場の建設費用は45億~60億米ドルに達するとされる。パソコン向けのマイクロプロセサを大量に生産できるIntel社ですら,自社の製品だけでは投資の回収がおぼつかなくなる可能性がある。これを外部からの生産受託で補う。

 第2に,キー・デバイスになりつつあるFPGAへの傾倒である。Intel社は最近になって,汎用マイクロプロセサなどにFPGAを組み合わせることで,顧客ごとのカスタム対応を図る動きを見せている。実際,Intel社は2010年9月に,マイクロプロセサ「Atom」と米Altera Corp.のFPGAをマルチチップ・パッケージ化したSoC「Stellarton」(開発コード)を2011年前半から出荷する計画を明らかにしている。Achronix社との協業を通じてFPGA技術の獲得を狙っている可能性はある。

1.5GHz相当の処理性能

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング