半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

「28nm+三つの新技術」でAlteraがASIC代替を加速

低コスト・低電力・高性能の「自分専用」FPGAが可能

大石 基之=日経エレクトロニクス
2011/06/24 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年2月8日号 、pp.14~15 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
Altera社のHu氏
Altera社のHu氏

 「FPGAによるASIC/ASSPの置き換えを加速したい」(米Altera Corp.,Vice President,Product & Corporate MarketingのVince Hu氏)。FPGAメーカーのAltera社が,開発中の28nm世代FPGAについて,性能をより高めつつ,さらなる低コスト化を図る新技術を明らかにした(図1)。新技術は三つある(図2)。 ①FPGAに埋め込み可能なカスタム対応のハードIPブロック「Embedded HardCopy Block」,② 1チャネル当たり28Gビット/秒の高速トランシーバ,そして③ FPGAの他の領域を動作させたまま,一部分だけ再構成できる「パーシャル・リコンフィギュレーション」,である。

図1 微細化だけでは難しい小面積・低電力・高速化を実現
Altera社が28nm世代のFPGAから導入する三つの新技術の導入効果を示した。微細化単体 の効果を大きく上回る回路面積削減と低消費電力化,入出力性能の向上を実現できる。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 28nm世代のFPGAから導入する三つの新技術
Altera社が28nm世代からFPGAに導入する三つの新技術とは,カスタム対応のハードIPブロ ック「Embedded HardCopy Block」,1チャネル当たり28Gビット/秒の高速トランシーバ技 術,パーシャル・リコンフィギュレーション(部分再構成)技術である。
[画像のクリックで拡大表示]

 Altera社の狙いは,これらの三つの新技術を導入し,微細化だけでは実現できない水準の低コスト化・低消費電力化・高性能化を達成することにある。Altera社によれば,FPGAを含むPLDの2009年の市場規模は約30億米ドルであるのに対して,同年のASIC/ASSPの市場規模は約760億米ドルと巨大である。このうち,パソコン関連機器やビデオ・ゲーム,携帯型メディア・プレーヤーなどの民生機器向け,および携帯電話機向けのASIC/ASSPを除いても,PLDが代替可能なASIC/ASSPの市場規模は約280億米ドルと,依然としてPLDの10倍近くある。Altera社は従来の微細化に加えて,革新的な回路技術などを導入し,悲願とも言えるFPGAによるASIC/ASSPの代替を,前倒しで進めることを目指す。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング