• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > レクサスLSの開発

レクサスLSの開発

1989 年に米国市場へ投入されたレクサスLS は,高級セダンとして その地位を確立し,その後,セルシオとして日本市場をも席巻する。そ れから11年。世界共通のブランドとなったレクサスの旗艦車種として の重責を担って,4代目LSの開発が始まった。

吉田守孝
1980年,トヨタ自動車入社。初代LSやSCなどのサスペンション,ステアリングの設計を担当。1993年から製品企画業務に携わり,クラウン,GS,LSの開発に従事,現在はトヨタ自動車 商品開発本部レクサスセンター チーフエンジニアとしてLSの製品企画を統括する。
旭 哲治
1980 年,トヨタ自動車入社。一貫してエンジン開発部門に所属。1997年からLSのエンジン設計にかかわり,2000年に3代目の4.3L化を実施。LSの新型4.6LのV型8気筒エンジンの開発責任者を務める。現在はトヨタ自動車 パワートレーン本部エンジンプロジェクト推進部主査。
大谷元希
1988年,トヨタ自動車入社。1996年から初代の直噴ガソリ ンエンジンの開発に携わり,2003年から第3世代となるD-4Sの燃焼開発グループでグループ長としてURエンジンの開発に従事。現在はトヨタ自動車パワートレーン本部第2エンジン技術部エンジン制御開発室グループ長。
山田 哲
1986年,トヨタ自動車入社。東富士研究所にてエンジンの基礎研究の後,NZ 系やZZ 系のエンジン開発に従事。エンジン設計グループリーダーとして,2004年からUR 系(LS)を担当。現在はトヨタ自動車 パワートレーン本部エンジンプロジェクト推進部主担当員。
【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ