家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第4回:3分で分かるNFC基礎講座

中道 理,久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2011/04/25 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2011年3月21日号 、p.54 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
3分で分かるNFC基礎講座

Q1 NFCって何?

[画像のクリックで拡大表示]

 NFC(near field communication)は,13.56MHz帯の周波数を使った近距離無線通信技術のことです。通信距離は10cmほどと短いものの,非接触ICカード技術と同様,「タッチするだけ」という簡易な動作でデータをやりとりできます。

 非接触ICカードとの違いは,双方向通信が可能になることです。NFCに対応した機器やICカードであれば,データを読み出したり書き込んだりできます。携帯電話機など機器間の通信も可能です。データ伝送速度は高くありませんが,106k/212k/424k/848kビット/秒の4種類から選択できます。

 NFC規格が決めているのは通信部分のみで,「FeliCa」「Type A」「Type B」の3方式を含みます。データの暗号化処理手法は規定していません。ソニーが開発した「FeliCa」や,オランダNXP Semiconductors社の「Mifare」が採用する非接触ICカード技術とは,物理層で互換性を持ちます。

 例えば,JR東日本の交通カード「Suica」やビットワレットの電子マネー「Edy」はFeliCaの物理層や暗号化処理手法を採用しています。 FeliCaの無線部はNFCの標準規格の一つ「ISO18092」ですが,暗号化処理などの上位ミドルウエアはソニーが規定する独自品になります。

[画像のクリックで拡大表示]

覚えておきたい二つのS

[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング