• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスFPDの未来 ―Displayを越えて― > 第4回:フィルム技術が急進展、静電容量式タッチ・パネルにも採用へ

FPDの未来 ―Displayを越えて―

第4回:フィルム技術が急進展、静電容量式タッチ・パネルにも採用へ

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2011/04/19 00:00
  • 1/1ページ
 フィルム技術の進展が、スマートフォンやタブレット端末に使われている静電容量式タッチ・パネルを大きく変えようとしている。静電容量式タッチ・パネルでは、ガラス基板のみを使ったものがほとんどだった。しかし、ここに樹脂フィルム基板を持ち込む動きが加速している。タッチ・センサ基板の材料をガラスからフィルムに換えることで、ロール・ツー・ロール方式の連続生産による大幅な低コスト化を実現可能にする。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓