ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

第4回:フィルム技術が急進展、静電容量式タッチ・パネルにも採用へ

田中 直樹=Tech-On!
2011/04/19 00:00
印刷用ページ
 フィルム技術の進展が、スマートフォンやタブレット端末に使われている静電容量式タッチ・パネルを大きく変えようとしている。静電容量式タッチ・パネルでは、ガラス基板のみを使ったものがほとんどだった。しかし、ここに樹脂フィルム基板を持ち込む動きが加速している。タッチ・センサ基板の材料をガラスからフィルムに換えることで、ロール・ツー・ロール方式の連続生産による大幅な低コスト化を実現可能にする。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング