• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点 > 【第2回】 マルチチップの白色LEDを採用、1個当たり約10Wを投入

市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点

【第2回】 マルチチップの白色LEDを採用、1個当たり約10Wを投入

  • 大久保 聡=日経エレクトロニクス
  • 2011/04/21 00:00
  • 1/1ページ
光源に採用した白色LEDは、米Philips Lumileds Lighting社から調達したもの。市光工業は2005年から、日産自動車やPhilips Lumileds Lighiting社とLEDヘッドランプの共同開発を進めていた。Philips Lumileds Lighting社の白色LEDを今回のLEDヘッドランプに採用して、それを日産自動車の製品に搭載するのは、この共同開発の成果なのである。なお、市光工業はこの共同開発以前からLEDヘッドランプを研究しており、白色LEDを20個以上使うLEDヘッドランプを展示会などで公開していた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓