• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点 > 【第2回】 マルチチップの白色LEDを採用、1個当たり約10Wを投入

市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点

【第2回】 マルチチップの白色LEDを採用、1個当たり約10Wを投入

  • 大久保 聡=日経エレクトロニクス
  • 2011/04/21 00:00
  • 1/1ページ
光源に採用した白色LEDは、米Philips Lumileds Lighting社から調達したもの。市光工業は2005年から、日産自動車やPhilips Lumileds Lighiting社とLEDヘッドランプの共同開発を進めていた。Philips Lumileds Lighting社の白色LEDを今回のLEDヘッドランプに採用して、それを日産自動車の製品に搭載するのは、この共同開発の成果なのである。なお、市光工業はこの共同開発以前からLEDヘッドランプを研究しており、白色LEDを20個以上使うLEDヘッドランプを展示会などで公開していた。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ