• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点

市光工業に聞く、日産リーフ向けLEDヘッドランプ開発の要点

タイトル

 日産自動車が2010年12月に発売した電気自動車(EV)「リーフ」。EVとしてはかつてない規模での量産、通信機能を持つカーナビと連動させて充電施設を案内、航続距離を延ばせるようにLiイオン2次電池の管理を徹底など、注目ポイントは数多い。LEDヘッドランプが標準搭載されたことも忘れてはならない。

 リーフのLEDヘッドランプの開発を担当したのが、市光工業である。「世界最高の省電力性能」(同社)を低コストで実現するために、白色LEDが発する光の損失を抑えつつ所望の配光特性を得る工夫や、白色LEDを効果的に放熱して発光効率を高く保てる対策を施したという。対策とは、一体、どのようなものなのだろうか。市光工業に聞いた。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ