半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
竹居 智久,蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2011/04/11 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年9月6日号 、pp.26~27 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 「今年12月から開始するLTEは,下りで最大75Mビット/秒と高速だ。端末とネットワークを組み合わせた,新たなサービスを生み出せる」(NTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏)。

 光ファイバ通信並みの高速サービスを,いつでもどこでも利用できる時代に,ついに突入する。次世代の高速移動通信規格「LTE(long term evolution)」を利用した通信サービスが,満を持して日本国内で始まるのだ。NTTドコモが2010年12月から,「Xi(クロッシィ)」という名称のデータ通信サービスとして開始する。屋外では最大37.5Mビット/秒,一部の屋内では最大75Mビット/秒と,現行のW-CDMA(HSPA†)に比較して10倍程度の速度となる。

†HSPA(high speed packet access)=WCDMA をベースに,上りおよび下りの通信速 度を高速化させたデータ通信仕様。

図1 LTE端末市場は2013年ごろから拡大へ
LTE端末の出荷数量予測を示した。まずは,ノート・パソコン向けのデータ通信カードとして発 売される。その後,携帯電話機(音声端末)でもLTE対応機が登場し,出荷数が急増する。(図: Infineon Technologies社の資料などを基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本だけではない。海外では既に,2009年末からスウェーデンTeliaSonera社が北欧の一部地域でサービスを開始していたが,いよいよ北米大手の米Verizon Wireless LLCがサービスを開始する。このほかにも複数の大手事業者が,2010年末~2011年前半にLTEサービスを開始する予定である。LTEの導入が,世界でようやく始まる格好だ。

 当初はノート・パソコンやタブレット端末などに向けたデータ通信カードが主体だが,2011年後半~2012年には,一般的な携帯電話機(音声端末)でもLTE対応機が登場する。2013年ごろには,LTE対応機が普及価格帯に近くなり,それに合わせてじわじわと出荷数を拡大していきそうだ(図1)。 LTEサービスの加入者数は2014~2015年に世界で1億を突破するという調査結果も報告されている注1)

注1) Juniper Research社は2014年に,そ してInfineon Technologies社は2015年に, 1億加入を超えると予測している。

ケータイだけじゃない

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング