家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

タブレット端末市場を支配することに自信を持つApple

Chetan Sharma=米Chetan Sharma Consulting社,Founder兼President
2011/03/10 10:00
印刷用ページ

 初代のiPadがカメラを備えていないことへの解決は不可欠だった。またiPadの画面をHDMI経由でテレビに表示させる機能「video mirroring」はユーザーに役に立つと思う。端末をスリムにして,工業デザインも改善した。初代と同じ価格でありながら,製品の魅力は向上した。これは,米Apple社にとっては「ホームラン」であり,市場において多数売れるだろう。

 一つ気になることがメモリ容量だ。カメラを搭載することで,動画を保存するためのメモリ容量が必要性となる。今回,メモリ容量は増やさなかったのだが,価格を考えたうえで,現在の市場には必要ないと考えたのだろう。ただし「iPad 3」が登場するときは,メモリ容量を増やすと予測できる。

 Apple社は,タブレット端末市場を重視しており,この市場を支配しようとしている。「iPhone」や「iPod touch」,「iPad」といったiOSが搭載された製品のエコシステムの良い仕組みを利用して,第三者のソフトウエア・アプリケーション開発者にプラットフォームの魅力を感じさせる。これにより,他社と比べてiPad向けアプリが多く存在することになる。消費者にはAppleのブランド力が浸透している。こういった背景があっても,iPad 2の部品コストはiPadの初代バージョンよりも,高いとのコンセンサスがある。結局,Apple社は市場がまだ早い段階でも,積極的な動きをみせているわけだ。

 Apple社のブランドの強さがあれば,たとえ能力が優れている競合製品が登場したとしても,市場で勝つのは難しいだろう。価格がiPadと比較して20~30%安ければ,消費者は興味を示す。しかし,Apple社は市場で多く売れると自信を持っているので,部品を大量に注文できる。部品に関する費用で優位にたてるので,競合企業は非常に困るであろう。(談,聞き手はPhil Keys=シリコンバレー支局)

Chetan Sharma
米Chetan Sharma Consulting社,Founder兼President
世界最大級の携帯電話事業者6社にコンサルティングを行った経験を持つ。中国China Mobile社やNTTドコモ,韓国Samsung Electronics社,米The Walt Disney社などを顧客に持つ。
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング