家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 
久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2011/03/04 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年11月13日号 、pp.88-pp.89 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 新型機では,初代機と同等以上の電池駆動時間を確保した。外出先での利用を想定するユーザーが多く,日増しに高まる長い駆動時間へのニーズに応えた形だ。筐体寸法が同程度の13型品では,初代機の約5時間から新型機では約7時間と,約40%電池駆動時間を長くした。新型機の11型品では,初代機よりも筐体寸法が小さくて薄いにもかかわらず,電池駆動時間として初代機と同等の約5時間を確保した。

 このために最も貢献したのが,モジュール型SSDの採用である(図5)。MacBook Airの初代機でもSSDを搭載できたが,外形寸法が1.8インチHDDと同一のSSDを利用していた。

図5 メイン基板に載せられるほど薄い
SSDは,東芝の「THNSNC064GMDJ」で,「Blade X-gale」シリーズとして2010年11月に発表したもの(a)。片面実装で,外形寸法は108.9mm×24.0mm×2.2mmと薄い。無線 LANとBluetoothのコンボ・モジュール「BCM943224PCIEBT2」はBroadcom社製(b)。
[画像のクリックで拡大表示]

 これに対して,新型機では細長いプリント基板にメモリ・パッケージを直接実装する,モジュール型のSSDを採用した。SSDを標準搭載とすることで,SSDに最適化した各種設計を施せた。

 今回,モジュール型のSSDを使ったメリットは二つある。一つは,初代機の1.8インチSSDに比べて,体積を約70%削減できたこと。もう一つは,11型品においてメイン・ボード上に並ぶDRAM部の上に,モジュール型SSDを2段ベッドのように積み重ねて配置できるようになったことである。ただし,2段重ねにするには片面実装のモジュール型SSDを用いる必要があるため,ストレージ容量に制約がありそうだ注1)

注1) 11型品は厚さの制約から片面実装したSSDにしか対応しない。両面実装が必要な容量(現時点では256Gバイト程度)のSSDでは,厚さが3.7mmあるからだ。13型品ではDRAMに重ねず,メイン基板上の別の場所に配置した。

 モジュール型SSDを供給したのは東芝で,コネクタ形状などが特殊な品種である。SSDの厚さは,初代機では5mm以上あったものを2.2mmへと大幅に薄型化している。この薄型化により,DRAM部の上に積層できたとする。

 初代機でストレージ装置用として確保していた場所には,メイン基板の形状を変更しつつ電池モジュールを敷き詰めた注2)。これが,電池駆動時間の向上に寄与した。

注2) 11型の新型機ではメイン基板の形を細長くした。基板の外形寸法は,202.5mm×69.8mmだった初代機から226.5mm×60.9mmになった。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング