• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器ソニーの「VAIO X」に日本的こだわりを見た > 第2回:高機能部品で小型化

ソニーの「VAIO X」に日本的こだわりを見た

第2回:高機能部品で小型化

  • 北郷 達郎
  • 2011/02/28 00:00
  • 1/2ページ

 ネットワーク基板には,3G用のモジュールとして,米Qualcomm Inc.の「Gobi2000」が搭載されていた(図3)。Gobi2000は最新の多機能品である。「パソコンで採用されたのはこれが初めてではないか」(パソコン・メーカーの技術者)。最新の品種であるため,多少コスト的にもかさむとみられる。おそらく,それを許容してでも省スペース性を重視し,採用に踏み切ったのだろう。VAIO XでGPSを最初に有効にすると,自動的にGobi2000のドライバが導入される。つまり,GPS機能はGobi2000で実現している。結果として,3Gモジュール以外にハードウエアを増やすことなく,GPS機能を盛り込めた。これがGobi2000を採用した一因と考えられる。

図3 ネットワーク基板
Ethernetのコントローラと,3Gの通信モジュールを装着している。WiMAXモデルではこの部分を差し替える。

 ストレージ装置をSSDに限定し,HDDのオプションを用意しなかった点にもVAIO Xの薄型化へのこだわりを見て取れる。採用したSSDはモジュール型と呼ばれる,部品を実装したプリント基板がむき出しになったもの。HDDのような筐体を省ける分,薄型化や軽量化が可能になる。容量はソニーの直販サイト「ソニースタイル」で選択できる。64Gバイト品では,カスタム版のSSDを採用した(図4)。128Gバイト品と256Gバイト品はインタフェースがSerial ATAの品種を採用している。AtomのチップセットはパラレルのATAしか対応していないため,Serial ATAとの変換ボードを追加した。

図4 SSD
写真の64Gバイト品は,パラレルATAのインタフェースを標準で備えたカスタム品である。128Gバイト品と256Gバイト品は,Serial ATAのコントローラに,パラレルATAの変換機を付けて実装している。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ