家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

“万能マシン”はソーシャル・メディア市場の勝者になれるか

宮澤 篤=東京工芸大学
2011/02/17 13:30
印刷用ページ

 子供の頃(1970年代)に見た新聞の一面広告に,飛行機や船,自動車など,さまざまな乗り物が合体した,いわば“万能マシン”の絵が描かれており,「私たちはこのようなオールマイティな製品をご提供するものではございません」といったメッセージが添えられていたのを,今でもハッキリと覚えている。「そうか,万能なことがいつも正しいとは限らないんだ…」と子供心には思ったものである。

 エレクトロニクス技術の革命的な進歩により,巷にはデジタル音楽プレーヤーやICレコーダー,スマートフォンやケータイ,携帯ゲーム機,デジタル・カメラ,電子辞書など,さまざまな携帯機器が溢れている。これらの携帯機器をどう(文字通り)スマートに使いこなし,明るく豊かな生活を送るのかが,一部のビジネスマンに限らない,ごくフツーの人々にとっての関心事になっている。

 こうしたガジェットをよくよく眺めていると,“独創的で目新しい機能を提供するもの”が増える一方で,“いくつかの電子機器類を便利にまとめたもの”への欲求が確かに存在することがわかる。以前から噂されていた,プレイステーション・プラットフォームを組み込んだスマートフォン「Xperia PLAY」が正式に発表されたことには,1ゲームユーザーとして素直に喜びたい。果たして,Xperia PLAYはどちらのグループに属するのだろうか?(今のところは,後者のような気がしてならない…)

 Xperia PLAYが,ソニー・コンピュータエンタテインメントのAndroid端末向けゲーム提供サービス「PlayStation Suite」に対応したことは,初代プレステの発売日に,「リッジレーサー」と一緒に購入した世代にとって嬉しいものだ。しかも今後,ゲームのプラットフォームが急速にソーシャル・メディアへシフトすることを見通しているのであれば,来るべきモバイル市場への対策に余念がないことも見逃せない。

 現時点で,ソーシャル・メディアとひと括りにされているものが,近い将来には機能別に分化し,さまざまなプラットフォーム上で発展していくことが十分考えられる。一緒になって世界を広げていくコンテンツ・パートナー次第ではあるが,その中にはXperia PLAY(そして「Next Generation Portable(NGP)」(コードネーム))の担うべき分野が,間違いなく存在するだろう。

宮澤 篤
東京工芸大学 准教授 (2011年4月着任予定)
東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科において,Web/ソーシャル・メディアや教育メ ディアへのゲーム学応用,3Dや拡張現実感(AR)など,先端映像コンテンツの研究開発を進める。
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング