• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス「次世代電池の開発最前線」の講師に聞く > 全固体電池は反応界面が何より重要,セルの試作にも成功し開発が進む

「次世代電池の開発最前線」の講師に聞く

全固体電池は反応界面が何より重要,セルの試作にも成功し開発が進む

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2011/02/15 13:00
  • 1/1ページ
2008年6月に革新的な電池を開発する基礎研究部門として「電池研究部」を新設したトヨタ自動車。Liイオン2次電池の新規材料やポストLiイオン2次電池の開発に注力しており,中でも全固体電池に大きな期待を寄せる。トヨタ自動車で全固体電池の研究グループを統括する川本 浩二氏(同社 電池研究部 研究1グループ長)に話を聞いた。(聞き手=日経エレクトロニクス 久米 秀尚)
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓