家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第1回:Androidへの攻撃が活発化

中道 理=日経エレクトロニクス
2011/02/09 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年11月15日号 、pp.58-59 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 外出先などでのインターネットへの接続機器として,スマートフォンが台頭している。米Goldman Sachs Group Inc.の推計によれば,2012年にもスマートフォンの出荷台数がパソコンを抜く。利用台数でも,パソコンを超えるのは時間の問題だ。

 そうなれば,現在パソコンを狙って作られているマルウエアの矛先は,スマートフォンにも向けられるようになるだろう(図1)。犯罪者は効率良く目的を達するために,広く普及したプラットフォームを狙うからだ。

図1 攻撃のターゲットになるスマートフォン
図1 攻撃のターゲットになるスマートフォン
パソコン以上に普及することが見込まれ,お金になる個人情報の宝庫であることから,犯罪者が攻撃の矛先を向け始めている。Goldman Sachs Group社のデータを基に本誌が作成。

 しかも,スマートフォンはこれまでの携帯電話機と異なり,アプリケーション・ソフトウエア(以下,アプリ)の開発がパソコン並みに自由で,新しいアプリ の追加も容易だ。インターネットへの接続の自由度も従来型の携帯電話機より高い。「システム基盤,コンテンツの流通,ネットワークがオープンになるほど, 攻撃の対象になりやすい」(トレンドマイクロ グローバルマーケティング統括本部 事業開発部 部長 兼 戦略企画室 室長の斧江章一氏)ことを考えれば,スマートフォンは犯罪者にとって絶好の攻撃目標といえる。

 スマートフォンには,「犯罪者にとってよだれが出るほど手に入れたい情報が満載されている」(日本IBM ITS事業本部 ITSソリューション セキュリティ・エバンジェリストの大西克美氏)。電話帳には名前,電話番号,メール・アドレスなどが入っているし,私的な情報が送受信される。こうした データを入手できれば,別の犯罪者に高値で売れる。

 パソコンを利用台数で上回る日を待たずして,最近ではスマートフォンにマルウエアを仕込む攻撃が顕在化しつつある。特に目立つのが,ソフトウエア・プラットフォームとして「Android」を搭載したスマートフォンを狙った攻撃だ。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング