• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス「次世代電池の開発最前線」の講師に聞く > さまざまな負極との組み合わせを検討できる固溶体系正極材料に期待

「次世代電池の開発最前線」の講師に聞く

さまざまな負極との組み合わせを検討できる固溶体系正極材料に期待

  • 狩集 浩志=日経エレクトロニクス
  • 2011/01/24 00:00
  • 1/1ページ
固溶体系正極材料(Li2MnO3‐LiMO2(M:Ni,Co,Mnなどの金属)は,280mAh/gを超える非常に高い比容量を示すため,次世代のリチウムイオン電池の正極材料として大きな注目を集めている。産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門では,Li2MnO3に鉄やチタンを固溶させた新規固溶体系正極材料を研究開発に取り組んでいる。実用化を目指すため,製造についてはLiイオン2次電池の正極材料メーカーである田中化学研究所と連携している。固溶体系正極材料を長年研究している産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 蓄電デバイス研究グループ 主任研究員 田渕光春氏にインタビューした。(聞き手=日経エレクトロニクス 狩集 浩志)
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ