エネルギー
 

第4回:「次世代蓄電池や水素吸蔵向け材料」――夢の大容量大出力に近づけるか

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2011/01/21 08:00
印刷用ページ
 グラフェンには,他の材料と混ぜて使うことで,各種素子,特にエネルギー・デバイスの性能を飛躍的に向上できるのではないかという期待も集まっている。具体的には,Liイオン2次電池の電極や有機薄膜太陽電池の素子や,水素吸蔵材料といったである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング