家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 
小谷 卓也=日経エレクトロニクス
2011/01/31 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年6月14日号 、pp.75 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 一方,電子ペーパーが優位性を打ち出せる点が(c)の軽さ・薄さである。本誌が2010年2~3月に一部の読者モニターを対象に実施した電子書籍の実証実験におけるアンケート結果からも,その点が電子 ペーパーの強みとして高く評価されていることがうかがえる(図4(a)注2)

注2) この実証実験は,富士通フロンテックの電子書籍端末「FLEPia」を利用し,60人の読者モニターを対象に実施した。FLEPiaは,カラー電子ペーパーを利用した端末である。

図4 電子ペーパーの強みは「軽く・薄く」
図4 電子ペーパーの強みは「軽く・薄く」
本誌が富士通フロンテックと実施した電子書籍実証実験で,「電子ペーパーの強みとして評価できる点」を聞いた結果(a)。(b)は,本誌が調査したiPadの部品別の重さを示した。

 液晶パネル搭載端末は,「重さ」に課題がある。実際,iPad(画面は9.7型)では680gという重さが課題であるとの指摘が多く,その重さの半分近 くがディスプレイに関連する部分で占められている(図4(b))。重い要因は,液晶パネルがガラス基板を利用しており,さらに耐衝撃性の強化のために保護 用のガラスを使っているためだ。

 ディスプレイのガラス基板をプラスチック基板などの軽くて耐衝撃性の高いものに変えられれば,この重さの課題は劇的に解消できる。電子ペーパーは,それを実現しやすい。例えば,米Plastic Logic社が2010年6月に発売する電子書籍端末「QUE」は,画面は10.7型でありながら重さは482g。同社が開発した有機TFTを用いた電子ペーパーを 使うことで,軽量化を実現した(図5(a))。さらに,米Skiff社が2010年内に発売する電子書籍端末「Skiff Reader」も,画面は11.5型と大きいが,重さは495g。軽さの決め手は,韓国LG Diplay Co., Ltd.が開発するステンレス基板を用いた電子ペーパーである(図5(b))。このほかにも,富士通フロンテックが8型の電子ペーパーを用いて重さ160gの端末を試作するなどしている(図5(c))。

図5 「軽く・薄く」を目指す電子ペーパー
「軽く・薄く」を目指した電子ペーパーや,それを利用した端末の例を示した(a~c)。
[画像のクリックで拡大表示]

 また,(d)の消費電力についても,電子ペーパーが優位だ。電子ペーパーは表示の書き換え時のみ電力を消費する。動作条件によっても大きく変わってくるが,仕様上ではiPadの電池駆動時間が10時間であるのに対し,Kindleは2週間と長い。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング